詳細検索はこちら

中西 崇文 

所属部署名国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)
職名准教授
更新日: 17/09/01 17:49

研究者基本情報

氏名

    中西 崇文

基本情報

    プロフィール:
    国際大学グローバル・コミュニケーション・センター准教授/主任研究員。デジタルハリウッド大学大学院客員教授。1978年、三重県伊勢市生まれ。2006年3月、筑波大学大学院システム情報工学研究科にて博士(工学)の学位取得。情報通信研究機構にてナレッジクラスタシステムの研究開発、大規模データ分析・可視化手法に関する研究開発等に従事。2014年4月より現職。専門は、データマイニング、ビッグデータ分析システム、統合データベース、感性情報処理、メディアコンテンツ分析など。著書に『スマートデータ・イノベーション』(翔泳社)、「シンギュラリティは怖くない:ちょっと落ちついて人工知能について考えよう」(草思社)がある。

     2003年(平成15年)3月,筑波大学大学院システム情報工学研究科にて修士(工学)の学位を取得.
     2006年(平成18年)3月,同研究科にて博士(工学)の学位取得.
     2006年(平成18年)3月,情報通信研究機構 研究員.
     2014年(平成26年)4月より,国際大学GLOCOM 准教授・主任研究員
    相関分析システム、統合データベース、知識処理システムの研究に従事.
     情報処理学会, 電子情報通信学会、日本データベース学会、情報通信学会各会員.

    研究興味
    データマイニング、データ分析システム、統合データベース、感性情報処理、メディアコンテンツ分析。近年は、ビッグデータ分析手法を通したデータ分析工学分野の創出に興味を持つ。

所属

  • 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM) 准教授

学位

  • 博士(工学)(筑波大学)

所属学協会

    情報処理学会, 電子情報通信学会, 日本データベース学会, 日本知財学会

委員歴

  • 2016年10月- 現在総務省 AIネットワーク社会推進会議 構成員
  • 2016年02月- 2016年総務省 ICTインテリジェント化影響評価検討会議 構成員
  • 2015年10月- 2016年03月経済産業省 流通・物流分野における情報の利活用に関する研究会 委員
  • 2012年04月- 2014年電子情報通信学会 専門委員

経歴

  • 2009年独立行政法人情報通信研究機構(研究員)

研究活動情報

研究分野

  • 情報学 / メディア情報学・データベース
  • 情報学 / 感性情報学・ソフトコンピューティング

研究キーワード

    メディアデータ, マルチメディア, データベース, 異種メディア間連携, マルチメディアシステム, 感性情報処理, データベースシステム

論文

  • メディアコンテンツを対象とした統計的一般化逆作用素構成方式とその楽曲メディアコンテンツ生成への適用
    岡田 龍太郎, 中西 崇文, 本間 秀典, 北川 高嗣
    情報処理学会論文誌 57(5) 1341-1354 2016年05月
    本稿では,メディアコンテンツを対象とした統計的一般化逆作用素の構成方式を示す.これは,与えられた印象を表す単語とその重みで表される印象メタデータからメディアコンテンツを生成する機構を実現するものである.本方式は,従来,我々が提案してきた手法であるメディアコンテンツから印象を表す言葉をメタデータとして抽出する,メディアコンテンツを対象としたメタデータ自動抽出方式手法の逆演算として構成される.しかしながら,本逆演算においては一般的に,不良設定問題が発生する.この不良設定問題を解決するために,制約条件としてそのメディアの種類に応じた統計情報やそのメディアを対象とした研究成果・理論を用いる.これにより,メディアコンテンツと言葉の間の相互変換を可能とする.さらに,本方式を楽曲メディアコンテンツに適用し,印象語で表現された印象メタデータから楽曲メディアコンテンツを生成するシステムを実装する.これを用いて実験を行い,提案方式が実現されていることを示す.In this paper, we present a construction method of Stochastic generalized inverse operator for media contents. This method realizes automatic media contents creation depending on impression words as an inverse operation of our automatic metadata extraction method which we have proposed. This is an inverse operator which extracts words from media contents. However, this creation mechanism contains ill-posed problems. In order to solve them, we introduce stochastic data about the media and it's studies. Moreover, we construct a mutual conversion between impression words and media contents. Furthermore, we apply our method to music data creation system. We performed verification experiments, and showed the effectiveness of our method.
  • Evaluation Indexes of Customer Journey for Contents of Owned Media.
    Kyohei Matsumoto,Takafumi Nakanishi,Takashi Kitagawa
    Information Modelling and Knowledge Bases XXVIII, 26th International Conference on Information Modelling and Knowledge Bases (EJC 2016), Tampere, Finland, June 6-10, 2016 362-369 2016年 [査読有り]
  • Automatic media content creation system according to an impression by recognition-creation operators.
    Takafumi Nakanishi,Ryotaro Okada,Takashi Kitagawa
    15th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science, ICIS 2016, Okayama, Japan, June 26-29, 2016 1-6 2016年 [査読有り]
  • A Discovery Method of Anteroposterior Correlation for Big Data Era.
    Takafumi Nakanishi
    Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing 161-177 2015年 [査読有り]
  • A feature selection method for comparision of each concept in big data.
    Takafumi Nakanishi
    14th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science, ICIS 2015, Las Vegas, NV, USA, June 28 - July 1, 2015 229-234 2015年 [査読有り]
  • Analysis of User Behavior on Private Chat System.
    Fujio Toriumi,Takafumi Nakanishi,Mitsuteru Tashiro,Kiyotaka Eguchi
    IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence and Intelligent Agent Technology, WI-IAT 2015, Singapore, December 6-9, 2015 - Volume III 1-4 2015年 [査読有り]
  • Semantic Context-Dependent Weighting for Vector Space Model.
    Takafumi Nakanishi
    2014 IEEE International Conference on Semantic Computing, Newport Beach, CA, USA, June 16-18, 2014 262-266 2014年 [査読有り]
  • A Data-driven Axes Creation Model for Correlation Measurement on Big Data Analytics.
    Takafumi Nakanishi
    Information Modelling and Knowledge Bases XXVI, 24th International Conference on Information Modelling and Knowledge Bases (EJC 2014), Kiel, Germany, June 3-6, 2014 308-323 2014年 [査読有り]
  • Conceptual Modelling of Collaboration for Information Systems.
    Bernhard Thalheim,Hannu Jaakkola,Takafumi Nakanishi,Shiori Sasaki,Klaus-Dieter Schewe
    Information Modelling and Knowledge Bases XXV, 23rd European-Japanese Conference on Information Modelling and Knowledge Bases (EJC 2013), Nara, Japan, June 3-7, 2013 272-305 2013年 [査読有り]
  • Inconsistencies of connection for heterogeneity and a new relation discovery method that solved them.
    Takafumi Nakanishi,Kiyotaka Uchimoto,Yutaka Kidawara
    2013 IEEE/ACIS 12th International Conference on Computer and Information Science, ICIS 2013, Niigata, Japan, June 16-20, 2013 521-528 2013年 [査読有り]
  • Interconnection of heterogeneous knowledge bases and its application on Knowledge Grid.
    Takafumi Nakanishi,Koji Zettsu,Yutaka Kidawara,Yasushi Kiyoki
    Concurrency and Computation: Practice and Experience 23(9) 940-955 2011年 [査読有り]
  • 任意の言葉を対象とした音韻印象変換作用素の構成とその感性検索への適用
    本間 秀典, 中西 崇文, 北川 高嗣
    情報処理学会論文誌 51(5) 1294-1309 2010年05月
    本稿では,任意の言葉を対象とした音韻印象変換作用素の構成方式を示す.これは,与えられた任意の言葉からその言葉が持つ音の印象を自動抽出する作用素を実現する.この方式は,言葉の音素情報のみを用いてその印象の抽出を実現するため,未定義語や未知語にも柔軟に対応でき,明確に感性を表現しているにもかかわらず,辞書による定義が困難な言葉にも印象語による対応が可能であるという利点を持つ.これにより,ユーザの任意の言葉や未定義・未知の言葉による感性表現が可能となり,ユーザへの負荷が少ないインタフェースが実現されると考えられる.また,本稿では,本方式の適用例,および,実験システムとして,楽曲MIDIデータを対象とした本方式を有する感性検索を実現し,本方式の有効性を示した.
  • An Asynchronous Message-Based Knowledge Communication in a Ubiquitous Environment
    Petri Rantanen,Pekka Sillberg,Hannu Jaakkola,Takafumi Nakanishi
    Lecture Notes in Computer Science 434-444 2010年 [査読有り]
  • A Phenomena-of-Interest Approach for the Interconnection of Sensor Data and Spatiotemporal Web Contents.
    Kyoung-Sook Kim,Takafumi Nakanishi,Hidenori Homma,Koji Zettsu,Yutaka Kidawara,Yasushi Kiyoki
    Information Modelling and Knowledge Bases XXII, 20th European-Japanese Conference on Information Modelling and Knowledge Bases (EJC 2010), Jyväskylä, Finland, 31 May - 4 June 2010 288-300 2010年 [査読有り]
  • A Three-layered Architecture for Event-centric Interconnections among Heterogeneous Data Repositories and its Application to Space Weather.
    Takafumi Nakanishi,Hidenori Homma,Kyoung-Sook Kim,Koji Zettsu,Yutaka Kidawara,Yasushi Kiyoki
    Information Modelling and Knowledge Bases XXII, 20th European-Japanese Conference on Information Modelling and Knowledge Bases (EJC 2010), Jyväskylä, Finland, 31 May - 4 June 2010 21-36 2010年 [査読有り]
  • An Asynchronous Message-Based Knowledge Communication in a Ubiquitous Environment.
    Petri Rantanen,Pekka Sillberg,Hannu Jaakkola,Takafumi Nakanishi
    Database Systems for Advanced Applications, 15th International Conference, DASFAA 2010, International Workshops: GDM, BenchmarX, MCIS, SNSMW, DIEW, UDM, Tsukuba, Japan, April 1-4, 2010, Revised Selected Papers 434-444 2010年 [査読有り]
    Petri Rantanen, Pekka Sillberg, Hannu Jaakkola, Takafumi Nakanishi, 2010, 'An Asynchronous Message-Based Knowledge Communication in a Ubiquitous Environment', Lecture Notes in Computer Science, pp. 434-444
  • Context-Based Web Service Clustering.
    Rong Zhang,Koji Zettsu,Takafumi Nakanishi,Yutaka Kidawara,Yasushi Kiyoki
    Fifth International Conference on Semantics, Knowledge and Grid, SKG 2009, Zhuhai, China, October 12-14, 2009 192-199 2009年 [査読有り]
  • SAVVY Wiki: a context-oriented collaborative knowledge management system.
    Takafumi Nakanishi,Koji Zettsu,Yutaka Kidawara,Yasushi Kiyoki
    Proceedings of the 2009 International Symposium on Wikis, 2009, Orlando, Florida, USA, October 25-27, 2009 2009年 [査読有り]
  • SOBEX: distributed service Search engine that exploits service cOllaBoration contEXt.
    Rong Zhang,Koji Zettsu,Takafumi Nakanishi,Yutaka Kidawara,Yasushi Kiyoki
    Proceedings of the 3rd International Universal Communication Symposium, IUCS 2009, Tokyo, Japan, 3-4 December 2009 261-268 2009年 [査読有り]
  • distributed service search engine that exploits service collaboration context
    Zhang Rong, Zettsu Koji, Nakanishi Takafumi, Kidawara Yutaka, Kiyoki Yasush
    Proceedings of the 3rd International Universal Communication Symposium on - IUCS '09 261 2009年 [査読有り]
  • SAVVY: A Semantic Associative Browsing System for Heterogeneous Knowledge Resources.
    Takafumi Nakanishi,Koji Zettsu,Yutaka Kidawara,Yasushi Kiyoki
    42st Hawaii International International Conference on Systems Science (HICSS-42 2009), Proceedings (CD-ROM and online), 5-8 January 2009, Waikoloa, Big Island, HI, USA 1-10 2009年 [査読有り]
  • A Context Dependent Dynamic Interconnection Method of Heterogeneous Knowledge Bases by Interrelation Management Function.
    Takafumi Nakanishi,Koji Zettsu,Yutaka Kidawara,Yasushi Kiyoki
    Information Modelling and Knowledge Bases XXI, 19th European-Japanese Conference on Information Modelling and Knowledge Bases (EJC 2009), Maribor, Slovenia, June 1-5, 2009 208-225 2009年 [査読有り]
  • Context-Based Web Service Clustering
    Rong Zhang, Koji Zettsu, Takafumi Nakanishi, Yutaka Kidawara, Yasushi Kiyoki
    2009 Fifth International Conference on Semantics 192-199 2009年 [査読有り]
    Rong Zhang, Koji Zettsu, Takafumi Nakanishi, Yutaka Kidawara, Yasushi Kiyoki, 'Context-Based Web Service Clustering', 2009 Fifth International Conference on Semantics, Knowledge and Grid
  • Approaching the Interconnection of Heterogeneous Knowledge Bases on a Knowledge Grid.
    Takafumi Nakanishi,Koji Zettsu,Yutaka Kidawara,Yasushi Kiyoki
    Fourth International Conference on Semantics, Knowledge and Grid, SKG '08, Beijing, China, December 3-5, 2008 71-78 2008年 [査読有り]
  • KC3 browser: semantic mash-up and link-free browsing.
    Michiaki Iwazume,Ken Kaneiwa,Koji Zettsu,Takafumi Nakanishi,Yutaka Kidawara,Yasushi Kiyoki
    Proceedings of the 17th International Conference on World Wide Web, WWW 2008, Beijing, China, April 21-25, 2008 1209-1210 2008年 [査読有り]
  • Spoken Dialog System for Next Generation Knowledge Access.
    Hideki Kashioka,Susumu Akamine,Takafumi Nakanishi,Hisashi Miyamori,Koji Zettsu,Yutaka Kidawara,Satoshi Nakamura
    9th International Conference on Mobile Data Management (MDM 2008), Beijing, China, April 27-30, 2008 225-226 2008年 [査読有り]
  • Dynamic Cross-domain Link Creation for Interconnection of Heterogeneous Knowledge Bases.
    Takafumi Nakanishi,Koji Zettsu,Yutaka Kidawara,Yasushi Kiyoki
    ISUC 2008, Second International Symposium on Universal Communication, Osaka, Japan, 15-16 December 2008 374-381 2008年 [査読有り]
  • A Vector Space Model on Hierarchical Structures with Dynamic Mapping Operator Creation.
    Takafumi Nakanishi,Koji Zettsu,Yutaka Kidawara,Yasushi Kiyoki
    Proceedings of the 2008 IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence and International Conference on Intelligent Agent Technology - Workshops, 9-12 December 2008, Sydney, NSW, Australia 45-49 2008年 [査読有り]
  • Approaching the Interconnection of Heterogeneous Knowledge Bases on a Knowledge Grid
    Takafumi Nakanishi, Koji Zettsu, Yutaka Kidawara, Yasushi Kiyoki
    2008 Fourth International Conference on Semantics 71-78 2008年 [査読有り]
    Takafumi Nakanishi, Koji Zettsu, Yutaka Kidawara, Yasushi Kiyoki, 'Approaching the Interconnection of Heterogeneous Knowledge Bases on a Knowledge Grid', 2008 Fourth International Conference on Semantics, Knowledge and Grid
  • Construction of a metadata space for a specific field of knowledge from an index of a document.
    Takafumi Nakanishi,Sadaya Kishimoto,Tetsuya Sakurai,Takashi Kitagawa
    Systems and Computers in Japan 38(5) 30-42 2007年 [査読有り]
    Takafumi Nakanishi, Sadaya Kishimoto, Tetsuya Sakurai, Takashi Kitagawa, 2007, 'Construction of a metadata space for a specific field of knowledge from an index of a document', Systems and Computers in Japan, vol. 38, no. 5, pp. 30-42
  • Construction of a metadata space for a specific field of knowledge from an index of a document
    Nakanishi Takafumi, Kishimoto Sadaya, Sakurai Tetsuya, Kitagawa Takash
    Systems and Computers in Japan 38(5) 30-42 2007年 [査読有り]
  • Knowledge Cluster Systems for Knowledge Sharing, Analysis and Delivery among Remote Sites.
    Koji Zettsu,Takafumi Nakanishi,Michiaki Iwazume,Yutaka Kidawara,Yasushi Kiyoki
    Information Modelling and Knowledge Bases XIX, 17th European-Japanese Conference on Information Modelling and Knowledge Bases (EJC 2007), Yyteri, Pori, Finland, June 4-7, 2007 282-289 2007年 [査読有り]
  • A Method of Automatic Metadata Extraction Corresponding to the Impression by Sound of the Words.
    Hidenori Homma,Takafumi Nakanishi,Takashi Kitagawa
    Information Modelling and Knowledge Bases XVIII, 16th European-Japanese Conference on Information Modelling and Knowledge Bases (EJC 2006), Trojanovice, Czech Republic, May 29th - June 2nd, 2006 206-222 2006年 [査読有り]
  • An Implementation Method of an Integrated Associative Search for Mathematical Expressions.
    Sadaya Kishimoto,Takafumi Nakanishi,Mamoru Murakata,Toru Otsuka,Tetsuya Sakurai,Takashi Kitagawa
    IASTED International Conference on Databases and Applications, part of the 24th Multi-Conference on Applied Informatics, Innsbruck, Austria, February 14-16, 2006 160-167 2006年 [査読有り]
  • An Implementation Method of a Heterogeneous Associative Media Data Search for Music Data and Image Data.
    Takafumi Nakanishi,Takashi Kitagawa
    IASTED International Conference on Databases and Applications, part of the 24th Multi-Conference on Applied Informatics, Innsbruck, Austria, February 14-16, 2006 143-152 2006年 [査読有り]
  • Visualization of music impression in facial expression to represent emotion.
    Takafumi Nakanishi,Takashi Kitagawa
    Conceptual Modelling 2006, Third Asia-Pacific Conference on Conceptual Modelling (APCCM 2005), Hobart, Tasmania, Australia, January 16-19 2006 55-64 2006年 [査読有り]
  • 数式データを対象とした複合連想検索システムの実現
    中西 崇文, 岸本 貞弥, 村方 衛
    日本データベース学会letters 4(1) 29-32 2005年06月
  • 特定分野を対象とした連想検索のための書籍の索引部を用いたメタデータ空間生成方式(コンテンツ技術, Web情報システム)
    中西 崇文, 岸本 貞弥, 櫻井 鉄也, 北川 高嗣
    電子情報通信学会論文誌. D-I, 情報・システム, I-情報処理 88(4) 840-851 2005年04月
    本論文では, 特定分野を対象とした書籍の索引を利用することで単語間の関連によるメタデータ空間を生成する方法を提案する.特定分野を対象とした意味の数学モデルを用いた検索機構を実現するためには, その分野を対象としたメタデータ空間と呼ばれる検索空間を生成する必要がある.これまで, メタデータ空間は, 用語辞典, 専門的な知識を用いて生成していた.また, 対象とする分野に用語辞典が存在しない場合, メタデータ空間を生成することが難しい.本方式では, 用語辞典を必要とせず, 専門的な知識なしでメタデータ空間を生成可能とする.更に, 意味の数学モデルに本メタデータ空間生成方式を適用することにより, その特定分野のドキュメントやメディアデータなどの検索対象データを対象とした単語間の関連に基づく検索機構が実現できる.本論文では, IT分野を対象とし, 用語辞典によるメタデータ空間と索引によるメタデータ空間で画像メディアデータ検索を適用し, 比較を行うことにより有効性を検証する.
  • 複数の書籍の索引部を用いたメタデータ空間拡張統合方式
    中西 崇文, 岸本 貞弥, 櫻井 鉄也
    日本データベース学会letters 3(1) 141-144 2004年06月
  • An implementation method of automatic metadata extraction method for music data and its application to semantic associative search.
    Takashi Kitagawa,Takafumi Nakanishi,Yasushi Kiyoki
    Systems and Computers in Japan 35(6) 59-78 2004年 [査読有り]
  • 任意の印象語による顔の表情の自動合成方式の実現
    中西崇文, 北川高嗣, 清木康
    情報処理学会論文誌 44(SIG8(TOD18)) 21-36 2003年06月
    本稿では,任意の印象を表す言葉(印象語)により人間の表情を生成する表情合成の実現方式について示す.本方式は,表情に関連する研究において最も広く利用されている表情記述法であるFacialAction Coding System (FACS )を用いて,与えられた任意の印象語を対象として,基本的な感情(基本情動)を計量し,その基本情動と表情動作の最小単位であるAction Unit (AU )の相関を求めることにより,その印象に合致した動的な顔の表情の自動合成を可能とする.本稿では,これまで我々が提案してきた言葉と言葉,あるいは,言葉とメディアデータ間の意味的な関係を与えられた文脈や状況に応じて動的に計算することが可能な意味の数学モデルを適用した任意の印象語による表情を自動的に合成する実現方式を示す.また,本方式に基づく実験システムを構築し,実験により,本方式の有効性を示す.This paper presents a composition method of the facial expressions by impression words. This method enables automatic composition of the facial expressions dynamically corresponding to the impression by using for Facial Action Coding System (FACS) which is the expression describing method most widely used in the research relevant to the facial expressions, measuring fundamental feeling (basic emotions) for the given arbitrary impression words, and searching for correlation of Action Unit (AU) which is the minimum unit of the basic emotions and expression operation. In this paper,we show an composition method of the facial expressions by impression words using a mathematical model of meaning which can be dynamically calculated according to the context and the situation that the semantic relation between languages or language and media data. We clarify the effectiveness of our method by showing experimental results.
  • 静止画像メディアデータを対象としたメタデータ自動抽出方式の実現とその意味的画像検索への適用
    北川 高嗣, 中西 崇文, 清木 康
    情報処理学会論文誌. データベース 43(12) 38-51 2002年12月
    本稿では,静止画像メディアデータを対象とした感性作用素を有する色彩の印象によるメタデータ自動抽出方式について示す.メディアデータから抽出されるメタデータを対象として,人間の感性に反映した写像を実現する感性作用素を静止画像メディアデータを対象としたメタデータ自動抽出方式に適用する.静止画像メディアデータ群を対象としたメタデータ自動抽出方式において,人間の感性や感覚を解釈する機構が導入されれば,人間の直感に合致した言葉によるメタデータの自動抽出が可能となる.さらに,意味的連想検索方式を用いることにより,静止画像メディアデータ群を対象とした人間の直感に合致する検索が可能となる.本稿では,メディアデータを対象としたメタデータ自動抽出方式のための感性作用素を静止画像メディアデータに適用し,静止画像メディアデータを対象とした感性作用素を有するメタデータ自動抽出方式について示す.
  • 意味の数学モデルによる異種メディア間検索の実現方式
    中西 崇文, 北川 高嗣, 清木 康
    日本データベース学会letters 1(1) 71-74 2002年10月
  • 楽曲メディアデータを対象としたメタデータ自動抽出方式の実現とその意味的楽曲検索への適用
    北川 高嗣, 中西 崇文, 清木 康
    電子情報通信学会論文誌. D-I, 情報・システム, I-情報処理 85(6) 512-526 2002年06月
    本論文では,メディアデータを対象としたメタデータ自動抽出方式のための感性作用素の実現方式について示す.感性作用素は,メディアデータから抽出されるメタデータを対象として,Fechnerの法則に基づいた人間の感性を反映した対数関数を適用することにより,人間の感性に応じた写像を実現する作用素である.本方式により,従来のメタデータ自動抽出方式の出力する重み付き単語群によるメタデータを対象として,感性作用素により人間の感性を反映したメタデータを抽出することが可能となる.更に,意味的連想検索方式を用いることにより,メディアデータ群を対象とした人間の直感に合致する検索が可能となる.本論文では,楽曲メディアデータを対象としたメタデータ自動抽出方式と組み合わせ,楽曲メディアデータを対象とした感性作用素を有するメタデータ自動抽出方式として示す.更に,本論文では,実験により本方式の有効性を示す.
  • A Vector Space Model on Hierarchical Structures with Dynamic Mapping Operator Creation
    2008 IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence and Intelligent Agent Technology [査読有り]
  • Dynamic Cross-domain Link Creation for Interconnection of Heterogeneous Knowledge Bases
    2008 Second International Symposium on Universal Communication [査読有り]
  • Dynamic Cross-domain Link Creation for Interconnection of Heterogeneous Knowledge Bases
    Takafumi Nakanishi, Koji Zettsu, Yutaka Kidawara, Yasushi Kiyoki
    2008 Second International Symposium on Universal Communication [査読有り]
    Takafumi Nakanishi, Koji Zettsu, Yutaka Kidawara, Yasushi Kiyoki, 'Dynamic Cross-domain Link Creation for Interconnection of Heterogeneous Knowledge Bases', 2008 Second International Symposium on Universal Communication
  • Context-Based Web Service Clustering
    Rong Zhang, Koji Zettsu, Takafumi Nakanishi, Yutaka Kidawara, Yasushi Kiyoki
    2009 Fifth International Conference on Semantics [査読有り]
    Rong Zhang, Koji Zettsu, Takafumi Nakanishi, Yutaka Kidawara, Yasushi Kiyoki, 'Context-Based Web Service Clustering', 2009 Fifth International Conference on Semantics, Knowledge and Grid
  • Approaching the Interconnection of Heterogeneous Knowledge Bases on a Knowledge Grid
    Takafumi Nakanishi, Koji Zettsu, Yutaka Kidawara, Yasushi Kiyoki
    2008 Fourth International Conference on Semantics [査読有り]
    Takafumi Nakanishi, Koji Zettsu, Yutaka Kidawara, Yasushi Kiyoki, 'Approaching the Interconnection of Heterogeneous Knowledge Bases on a Knowledge Grid', 2008 Fourth International Conference on Semantics, Knowledge and Grid

書籍等出版物

  • シンギュラリティは怖くない:ちょっと落ちついて人工知能について考えよう
    中西 崇文
    単著
    草思社 2017年02月 4794222556
  • スマートデータ・イノベーション
    中西 崇文
    単著
    翔泳社 2015年02月 4798141372
  • Perspectives on Social Media: A Yearbook
    Routledge 2014年08月

MISC

  • インターネットのコミュニケーションモデルに関する一考察 : 未成年保護のためのインターネットにおけるリスク軽減のモデル提唱
    田代 光輝, 飯島 泰裕, 小松 正, 江口 清貴, 鳥海 不二夫, 中西 崇文
    青山社会情報研究 7 29-38 2015年
    0
    We analysis data of a social networking service (SNS). For clarify the aspects. We used the "whisper services" within the "LINE PLAY" that is an avatar service from LINE Ltd. We found the distribution in the data that sharped close to a Poisson lognormal distribution. The potential of ease of connection is "TSUNAGARIYASUSA". Nodes have the potential of ease of connection each other. Nodes will link each other proportionate the potential, and the links distribute close to a Poisson lognormal distribution. We are expecting that this research will lead to the safety of minors.
  • 着目点を推薦する特許検索システム
    中西崇文, 内元清貴, 荒木晃司, 木俵豊
    日本知財学会年次学術研究発表会(CD-ROM) 11th ROMBUNNO.1I4 2013年11月
    0
  • 知識処理技術 6‐2 意味空間モデルによる相関計量に基づく異分野DB連携
    是津耕司, 中西崇文
    情報通信研究機構季報 58(3/4) 151-164 2012年10月
    0
  • 意味空間モデルによる相関計量に基づく異分野DB連携 (知識創成コミュニケーション特集) -- (知識処理技術)
    是津 耕司, 中西 崇文
    情報通信研究機構季報 58(3) 151-163 2012年09月
    0
  • ICT分野における知的財産の動きとその不実施機関における対策と検討
    中西崇文, 内元清貴, 荒木晃司, 木俵豊
    日本知財学会年次学術研究発表会(CD-ROM) 10th ROMBUNNO.2I4 2012年
    0
  • 主題に応じた視点分析に基づく画像の自動タグ付け方式の提案
    本間秀典, 中西崇文, 是津耕司, 木俵豊, 清木康, 清木康
    情報処理学会関西支部支部大会講演論文集(CD-ROM) 2009 ROMBUNNO.C-01 2009年09月
    0
  • Webサービス統合とコンテンツ編纂・流通のためのインタフェース
    岩爪道昭, 兼岩憲, 是津耕司, 中西崇文, 木俵豊, 清木康
    人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM) 22nd(0) 1F1-02-22 2008年
    0
    本論文では,Web 上を流通する多量かつ多様なコンテンツの集約,俯瞰,閲覧,編集,出版・共有といった一連のプロセスを支援する情報編纂のフレームワークを提案する.
  • 任意の印象に合致した音声表現を持つ言葉の自動構成方式
    本間 秀典, 中西 崇文, 北川 高嗣
    情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS) 2007(65) 163-168 2007年07月
    0
    本稿では、任意の言葉を印象語として入力することにより、その印象に合致した音声表現を自動構成するための方式を提案する。本方式では、音相理論と呼ばれる理論を用いることにより、言葉の音声表現と印象語の相互の変換を実現する。さらに、本方式を意味の数学モデルに適用することにより、言葉の音声表現と任意の印象語、およびそれにより表現される任意のメディアデータを自由に連結することが可能となると考えられる。In this paper, we present an automatic composition method of sound expression of a word corresponding to the impressions of arbitrary words. We have proposed a method of automatic metadata extraction corresponding to the impression of the souds of arbitrary words by the research called "Onso", and we propose an inverse operation of the automatic metadata extraction in this paper. This method enables a connection of any words and mediadata represented in impression words.
  • 任意の印象に合致した音声表現を持つ言葉の自動構成方式(夏のデータベースワークショップ2007(データ工学,一般))
    本間 秀典, 中西 崇文, 北川 高嗣
    情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告 2007(65) 163-168 2007年07月
    0
    本稿では,任意の言葉を印象語として入力することにより,その印象に合致した音声表現を自動構成するための方式を提案する.本方式では,音相理論と呼ばれる理論を用いることにより,言葉の音声表現と印象語の相互の変換を実現する.さらに,本方式を意味の数学モデルに適用することにより,言葉の音声表現と任意の印象語,およびそれにより表現される任意のメディアデータを自由に連結することが可能となると考えられる.
  • 任意の印象に合致した音声表現を持つ言葉の自動構成方式(システム開発,夏のデータベースワークショップ2007(データ工学,一般))
    本間 秀典, 中西 崇文, 北川 高嗣
    電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学 107(131) 163-168 2007年06月
    0
    本稿では,任意の言葉を印象語として入力することにより,その印象に合致した音声表現を自動構成するための方式を提案する.本方式では,音相理論と呼ばれる理論を用いることにより,言葉の音声表現と印象語の相互の変換を実現する.さらに,本方式を意味の数学モデルに適用することにより,言葉の音声表現と任意の印象語,およびそれにより表現される任意のメディアデータを自由に連結することが可能となると考えられる.
  • 色彩の印象からの楽曲自動生成方式の実現
    中西崇文, 芳村亮, 北川高嗣
    情報処理学会研究報告 2006(78(DBS-140-2)) 1-8 2006年07月
    0
    本稿では,色彩の持つ印象から音楽を生成する楽曲自動生成の実現方式について述べる.本方式は,色彩,楽曲に関する心理学者による研究を用い,ユーザから与えられた色彩情報からその印象を言葉として抽出し,さらに楽曲の印象を表す言葉とを計量し,その印象と合致した楽曲を生成する方式である.本方式が実現されることで,画像と音楽との異種のメディア間の自由な連携が可能となり,新しい複合メディアのコミュニケーションの場を提供できる.さらにユーザの意図とする感情に合致した楽曲メディアデータが自動生成され,それによりコンピュータ環境の中で人間の感性を増幅し,コンピュータが人間と密着した感性を共有することが可能になると考えられる.In this paper, we represent an automatic generation method for music data corresponding to impression of color information. This method can generate a music data by measuring relations between impression words extracted from color information and 8 categories of impression words given by a psychological research. This method can realize connections between heterogcneous media such as image and music. This method can realize communication places for compound media. When this method can realize, computers may be able to share and amplify Kansei with human each other.
  • 色彩の印象からの楽曲自動生成方式の実現(マルチメディア,夏のデータベースワークショップDBWS 2006)
    中西 崇文, 芳村 亮, 北川 高嗣
    情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告 2006(78) 1-8 2006年07月
    0
    本稿では,色彩の持つ印象から音楽を生成する楽曲自動生成の実現方式について述べる.本方式は,色彩,楽曲に関する心理学者による研究を用い,ユーザから与えられた色彩情報からその印象を言葉として抽出し,さらに楽曲の印象を表す言葉とを計量し,その印象と合致した楽曲を生成する方式である.本方式が実現されることで,画像と音楽との異種のメディア間の自由な連携が可能となり,新しい複合メディアのコミュニケーションの場を提供できる.さらにユーザの意図とする感情に合致した楽曲メディアデータが自動生成され,それによりコンピュータ環境の中で人間の感性を増幅し,コンピュータが人間と密着した感性を共有することが可能になると考えられる.
  • 任意の言葉を対象とした音の印象によるメタデータ自動抽出方式
    本間秀典, 中西崇文, 北川高嗣
    情報処理学会研究報告 2006(78(DBS-140-2)) 9-15 2006年07月
    0
    本稿では,言葉の音声表現に着目することにより,与えられた任意の言葉の音が持つ印象をメタデータとして抽出するための方式を提案する.本方式では,音相と呼ばれる概念を利用して,与えられた言葉の音から聞き手が受ける印象を印象語として抽出する.これにより,与えられた任意の言葉を,その印象を反映したメタデータにより構成されるベクトルとして表現することが可能となる.本方式を用いることにより,任意の語によるユーザの意図する感情に合致したメディアデータ検索機能が実現できる.さらに,本方式による任意の語と異種のメディアデータ間の連携が可能となり,ユーザの感性を反映した新たな機能を提供することが可能となると考えられる.In this paper, we present a method of automatic metadata extraction corresponding to the impression by the sound expression of arbitrary words. This method can extract impression words corresponding to the ``Onso'' from words or phrases. By this method, an arbitrary word given by a user can be transformed to a vector by impression words corresponding to ``Onso''. This method realizes the search function for media data corresponding to user's impression by using arbitrary words. In addition, this method can realize the connections between arbitrary words and heterogeneous media data.
  • 色彩の印象からの楽曲自動生成方式の実現(マルチメディア)
    中西 崇文, 芳村 亮, 北川 高嗣
    電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学 106(149) 1-6 2006年07月
    0
    本稿では,色彩の持つ印象から音楽を生成する楽曲自動生成の実現方式について述べる.本方式は,色彩,楽曲に関する心理学者による研究を用い,ユーザから与えられた色彩情報からその印象を言葉として抽出し,さらに楽曲の印象を表す言葉とを計量し,その印象と合致した楽曲を生成する方式である.本方式が実現されることで,画像と音楽との異種のメディア間の自由な連携が可能となり,新しい複合メディアのコミュニケーションの場を提供できる.さらにユーザの意図とする感情に合致した楽曲メディアデータが自動生成され,それによりコンピュータ環境の中で人間の感性を増幅し,コンピュータが人間と密着した感性を共有することが可能になると考えられる.
  • 任意の言葉を対象とした音の印象によるメタデータ自動抽出方式(マルチメディア)
    本間 秀典, 中西 崇文, 北川 高嗣
    電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学 106(149) 7-12 2006年07月
    0
    本稿では,言葉の音声表現に着目することにより,与えられた任意の言葉の音が持つ印象をメタデータとして抽出するための方式を提案する.本方式では,音相と呼ばれる概念を利用して,与えられた言葉の音から聞き手が受ける印象を印象語として抽出する.これにより,与えられた任意の言葉を,その印象を反映したメタデータにより構成されるベクトルとして表現することが可能となる.本方式を用いることにより,任意の語によるユーザの意図する感情に合致したメディアデータ検索機能が実現できる.さらに,本方式による任意の語と異種のメディアデータ間の連携が可能となり,ユーザの感性を反映した新たな機能を提供することが可能となると考えられる.
  • 書籍の索引部を用いた検索空間生成方式における空間統合方式
    中西 崇文, 岸本 貞弥, 櫻井 鉄也, 北川 高嗣
    情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS) 2005(67) 17-24 2005年07月
    0
    本稿では,様々な情報源から抽出された語と語の関係を表す各検索空間を対象とした検索空間統合方式について述べる.特定分野を対象としたベクトル空間モデルを用いた検索機構を実現するためには,その分野を対象とした語と語の関係を計量可能な検索空間を生成する必要がある.我々はこれまで書籍の索引を用いた検索空間生成方式を提案してきた.1つの書籍の索引では,書籍の性質から,検索対象となるメタデータ空間の扱う語彙数が少なくなる傾向にある.一方,これまで様々な情報源からその関係を抽出し,検索空間を生成する方式が提案されてきた.これらの空間を統合することにより,その問題が解決される.本方式を含む書籍の索引部によるメタデータ空間生成方式は,学術分野だけでなく,趣味など,幅広い分野における,メディアデータ検索,ドキュメント検索に応用できると考えられる.In this paper, we present an integration method of retrival spaces. This method make it possible to integrate retrival spaces based on the relation between words. In order to realize search method utilizing a vector space model for a specific field, it is necessary to construct a retrival space for the field. The number of the vocabularies, which the retrival space constructed from a index of a document can express is restricted. The problem is solved by this method that uses other retrival spaces. It is thought that the retrival space constructed method by the index part of the documents containing this method is applicable to mediadata and document search for broad fields, such as a field of not only a scientific field but a hobby.
  • ドキュメント上の単語分布に基づく検索空間の生成方式
    本間 秀典, 中西 崇文, 北川 高嗣
    情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS) 2005(67) 25-30 2005年07月
    0
    ある特定の分野に関して意味の数学モデルによる連想検索を実現するためには,その分野を対象としたメタデータ空間と呼ばれる検索空間を生成する必要がある.これまで,検索空間は,辞書や用語辞典,専門的な知識などを用いて生成していたが,これらの方法が利用できない場合,検索空間の生成が困難であった.本論文では,ドキュメント中における単語間の関連性を反映した連想検索のための検索空間の生成方式を提案する.提案方式は,ドキュメント上の単語の分布の傾向に注目し,単語間の関連の度合いを計算することによって検索空間を生成する.提案方式により,意味的連想検索を実現するための検索空間を,辞書や用語辞典などを用いることなく自動的に生成することが可能となる.In order to realize associative search for a specific field by the mathematical model of meaning, it's necessary to construct a retrieval space. A construction method of retrieval space has been proposed that creates a data matrix by using a dictionary or a term dictionary. However, it's difficult to construct a retrieval space without them. This paper presents a new construction method of a retrieval space based on the relation between each word in documents. This method constructs a retrieval space by the relevance between each word calculated from word distributions in documents. By this method, a construction of a retrieval space for an associative search is performed automatically without any dictionary.
  • ドキュメント上の単語分布に基づく検索空間の生成方式
    本間 秀典, 中西 崇文, 北川 高嗣
    情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS) 2005(67) 25-30 2005年07月
    0
    ある特定の分野に関して意味の数学モデルによる連想検索を実現するためには,その分野を対象としたメタデータ空間と呼ばれる検索空間を生成する必要がある.これまで,検索空間は,辞書や用語辞典,専門的な知識などを用いて生成していたが,これらの方法が利用できない場合,検索空間の生成が困難であった.本論文では,ドキュメント中における単語間の関連性を反映した連想検索のための検索空間の生成方式を提案する.提案方式は,ドキュメント上の単語の分布の傾向に注目し,単語間の関連の度合いを計算することによって検索空間を生成する.提案方式により,意味的連想検索を実現するための検索空間を,辞書や用語辞典などを用いることなく自動的に生成することが可能となる.In order to realize associative search for a specific field by the mathematical model of meaning, it's necessary to construct a retrieval space. A construction method of retrieval space has been proposed that creates a data matrix by using a dictionary or a term dictionary. However, it's difficult to construct a retrieval space without them. This paper presents a new construction method of a retrieval space based on the relation between each word in documents. This method constructs a retrieval space by the relevance between each word calculated from word distributions in documents. By this method, a construction of a retrieval space for an associative search is performed automatically without any dictionary.
  • 書籍の索引部を用いた検索空間生成方式における空間統合方式
    中西 崇文, 岸本 貞弥, 櫻井 鉄也, 北川 高嗣
    情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS) 2005(67) 17-24 2005年07月
    0
    本稿では,様々な情報源から抽出された語と語の関係を表す各検索空間を対象とした検索空間統合方式について述べる.特定分野を対象としたベクトル空間モデルを用いた検索機構を実現するためには,その分野を対象とした語と語の関係を計量可能な検索空間を生成する必要がある.我々はこれまで書籍の索引を用いた検索空間生成方式を提案してきた.1つの書籍の索引では,書籍の性質から,検索対象となるメタデータ空間の扱う語彙数が少なくなる傾向にある.一方,これまで様々な情報源からその関係を抽出し,検索空間を生成する方式が提案されてきた.これらの空間を統合することにより,その問題が解決される.本方式を含む書籍の索引部によるメタデータ空間生成方式は,学術分野だけでなく,趣味など,幅広い分野における,メディアデータ検索,ドキュメント検索に応用できると考えられる.In this paper, we present an integration method of retrival spaces. This method make it possible to integrate retrival spaces based on the relation between words. In order to realize search method utilizing a vector space model for a specific field, it is necessary to construct a retrival space for the field. The number of the vocabularies, which the retrival space constructed from a index of a document can express is restricted. The problem is solved by this method that uses other retrival spaces. It is thought that the retrival space constructed method by the index part of the documents containing this method is applicable to mediadata and document search for broad fields, such as a field of not only a scientific field but a hobby.
  • 書籍の索引部を用いた検索空間生成方式における空間統合方式(文書検索, 夏のデータベースワークショップDBWS2005)
    中西 崇文, 岸本 貞弥, 櫻井 鉄也, 北川 高嗣
    情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告 2005(67) 17-24 2005年07月
    0
    本稿では, 様々な情報源から抽出された語と語の関係を表す各検索空間を対象とした検索空間統合方式について述べる.特定分野を対象としたベクトル空間モデルを用いた検索機構を実現するためには, その分野を対象とした語と語の関係を計量可能な検索空間を生成する必要がある.我々はこれまで書籍の索引を用いた検索空間生成方式を提案してきた.1つの書籍の索引では, 書籍の性質から, 検索対象となるメタデータ空間の扱う語彙数が少なくなる傾向にある.一方, これまで様々な情報源からその関係を抽出し, 検索空間を生成する方式が提案されてきた.これらの空間を統合することにより, その問題が解決される.本方式を含む書籍の索引部によるメタデータ空間生成方式は, 学術分野だけでなく, 趣味など, 幅広い分野における, メディアデータ検索, ドキュメント検索に応用できると考えられる.
  • ドキュメント上の単語分布に基づく検索空間の生成方式(文書検索, 夏のデータベースワークショップDBWS2005)
    本間 秀典, 中西 崇文, 北川 高嗣
    情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告 2005(67) 25-30 2005年07月
    0
    ある特定の分野に関して意味の数学モデルによる連想検索を実現するためには, その分野を対象としたメタデータ空間と呼ばれる検索空間を生成する必要がある.これまで, 検索空間は, 辞書や用語辞典, 専門的な知識などを用いて生成していたが, これらの方法が利用できない場合, 検索空間の生成が困難であった.本論文では, ドキュメント中における単語間の関連性を反映した連想検索のための検索空間の生成方式を提案する.提案方式は, ドキュメント上の単語の分布の傾向に注目し, 単語間の関連の度合いを計算することによって検索空間を生成する.提案方式により, 意味的連想検索を実現するための検索空間を, 辞書や用語辞典などを用いることなく自動的に生成することが可能となる.
  • 書籍の索引部を用いた検索空間生成方式における空間統合方式(文書検索, 夏のデータベースワークショップ2005)
    中西 崇文, 岸本 貞弥, 櫻井 鉄也, 北川 高嗣
    電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学 105(171) 13-18 2005年07月
    0
    本稿では, 様々な情報源から抽出された語と語の関係を表す各検索空間を対象とした検索空間統合方式について述べる.特定分野を対象としたベクトル空間モデルを用いた検索機構を実現するためには, その分野を対象とした語と語の関係を計量可能な検索空間を生成する必要がある.我々はこれまで書籍の索引を用いた検索空間生成方式を提案してきた.1つの書籍の索引では, 書籍の性質から, 検索対象となるメタデータ空間の扱う語彙数が少なくなる傾向にある.一方, これまで様々な情報源からその関係を抽出し, 検索空間を生成する方式が提案されてきた.これらの空間を統合することにより, その問題が解決される.本方式を含む書籍の索引部によるメタデータ空間生成方式は, 学術分野だけでなく, 趣味など, 幅広い分野における, メディアデータ検索, ドキュメント検索に応用できると考えられる.
  • ドキュメント上の単語分布に基づく検索空間の生成方式(文書検索, 夏のデータベースワークショップ2005)
    本間 秀典, 中西 崇文, 北川 高嗣
    電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学 105(171) 19-22 2005年07月
    0
    ある特定の分野に関して意味の数学モデルによる連想検索を実現するためには, その分野を対象としたメタデータ空間と呼ばれる検索空間を生成する必要がある.これまで, 検索空間は, 辞書や用語辞典, 専門的な知識などを用いて生成していたが, これらの方法が利用できない場合, 検索空間の生成が困難であった.本論文では, ドキュメント中における単語間の関連性を反映した連想検索のための検索空間の生成方式を提案する.提案方式は, ドキュメント上の単語の分布の傾向に注目し, 単語間の関連の度合いを計算することによって検索空間を生成する.提案方式により, 意味的連想検索を実現するための検索空間を, 辞書や用語辞典などを用いることなく自動的に生成することが可能となる.
  • ドキュメント内における単語の局所性を用いた連想検索のためのメタデータ空間生成方式
    本間 秀典, 中西 崇文, 北川 高嗣
    情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS) 2004(72) 493-498 2004年07月
    0
    意味の数学モデルによる連想検索を実現するためには,その分野を対象としたメタデータ空間と呼ばれる検索空間を生成する必要がある.これまで,メタデータ空間は,辞書や用語辞典,専門的な知識を用いて生成していた.しかしながら,対象とする分野に辞書や用語辞典が存在しない場合,メタデータ空間を生成することが困難であった.本稿では 単語の相対的な場所情報から計算される関連度によるメタデータ空間を生成する方法を示す.本方式を用いることにより,単語間の関連を求めるメタデータ空間の生成が容易に可能となる.そのメタデータ空間を意味の数学モデルに適用することにより,単語間の関連性に基づく連想検索である,単語間関連連想検索が実現できる.本稿では,本方式を用いて生成したメタデータ空間に意味の数学モデルを適用し,検索結果についても示す.In order to realize associative search for a specific field by the mathematics model of a meaning, it is necessary to establish the retrieval space called metadata space for the specific field. A metadata space was established using a dictionary, a term dictionary, and special knowledge. However, when neither a dictionary nor a term dictionary existed in the target field, it was difficult to establish metadata space. This paper presents a new construction method of a metadata space based on the locality of words in documents. This method enables establishment of a metadata space which measures the relation between words easily without making any dictionary. The words related associative search for documents and mediadata of a specific field is realized by applying the metadata space to the mathematics model of a meaning. This paper shows the experimental results which applied the mathematics model of a meaning to the metadata space established using this method.
  • ドキュメント内における単語の局所性を用いた連想検索のためのメタデータ空間生成方式
    本間秀典, 中西崇文, 北川高嗣
    電子情報通信学会技術研究報告 104(177(DE2004 48-88)) 165-169 2004年07月
    0
    意味の数学モデルによる連想検索を実現するためには,その分野を対象としたメタデータ空間と呼ばれる検索空間を生成する必要がある.これまで,メタデータ空間は,辞書や用語辞典,専門的な知識を用いて生成していた.しかしながら,対象とする分野に辞書や用語辞典が存在しない場合,メタデータ空間を生成することが困難であった,本稿では,単語の相対的な場所情報から計算される関連度によるメタデータ空間を生成する方法を示す.本方式を用いることにより,単語間の関連を求めるメタデータ空間の生成が容易に可能となる.そのメタデータ空間を意味の数学モデルに適用することにより,単語間の関連性に基づく連想検索である,単語間関連連想検索が実現できる.本稿では,本方式を用いて生成したメタデータ空間に意味の数学モデルを適用し,検索結果についても示す.
  • 楽曲メディアデータと画像メディアデータ間における連想検索方式
    中西 崇文, 北川 高嗣
    情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS) 2004(71) 161-167 2004年07月
    0
    本稿では,楽曲メディアデータと静止画像メディアデータ間の異種メディア間連想検索の実現方式について示す.本方式は,メディアデータを対象としたメタデータ自動抽出機構であるMedia-lexiconTransformation Operator を言葉の相関を計量できる意味の数学モデルのメタデータ空間により連結することで異種メディア間の検索を実現する.本方式により,これまで独立に実装された異種メディアデータを統一的に扱うことが可能になる.これにより,新しい情報生成が可能となり,既存のデータの利用機会を増大させ データベース群の利用価値を飛躍的に増大させることが可能となると考えられる.This paper presents an implementation method of associative heterogenous mediadata search for music data and image data. This method is realized by measuring correlation of the impression words extracted from media-lexicon transformation operator (automatic metadata extraction method) for each mediadata. The feature of this method is to bridge over heterogeneous mediadata which exist independently as different database resources.
  • 音声メディアデータを対象としたメタデータ自動抽出方式に関する研究
    及川聡子, 中西崇文, 北川高嗣
    電子情報通信学会技術研究報告 104(176(DE2004 10-47)) 133-137 2004年07月
    0
  • 楽曲メディアデータと画像メディアデータ間における連想検索方式
    中西崇文, 北川高嗣
    電子情報通信学会技術研究報告 104(176(DE2004 10-47)) 127-132 2004年07月
    0
    本稿では,楽曲メディアデータと静止画像メディアデータ間の異種メディア間連想検索の実現方式について示す.本方式は,メディアデータを対象としたメタデータ自動抽出機構であるMedia-lexiconTransformation Operator を言葉の相関を計量できる意味の数学モデルのメタデータ空間により連結することで異種メディア間の検索を実現する.本方式により,これまで独立に実装された異種メディアデータを統一的に扱うことが可能になる.これにより,新しい情報生成が可能となり,既存のデータの利用機会を増大させ,データベース群の利用価値を飛躍的に増大させることが可能となると考えられる.
  • 音声メディアデータを対象としたメタデータ自動抽出方式に関する研究(感性)(夏のデータベースワークショップDBWS2004)
    及川 聡子, 中西 崇文, 北川 高嗣
    情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告 2004(71) 169-173 2004年07月
    0
    本稿ては,音声メティアテータを対象として,メタテータを自動抽出する方式について示す.具体的には, Media lexicon Transformation Operator ML の実装方式を示す まず, BanseとSchererの研究を用い,音声を分析して29個の音声パラメータを得る.つぎに,音声パラメータと印象語との相関から,重み付き印象語を求める 得られた重み付き印象語がメタテータてあり,人間が音声から受ける印象を示す.
  • ドキュメント内における単語の局所性を用いた連想検索のためのメタデータ空間生成方式(セッション7B : メタデータ2)(夏のデータベースワークショップ : DBWS2004)
    本間 秀典, 中西 崇文, 北川 高嗣
    電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学 104(177) 165-169 2004年07月
    0
    意味の数学モデルによる連想検索を実現するためには,その分野を対象としたメタデータ空間と呼ばれる検索空間を生成する必要がある.これまで,メタデータ空間は,辞書や用語辞典,専門的な知識を用いて生成していた,しかしながら,対象とする分野に辞書や用語辞典が存在しない場合,メタデータ空間を生成することが困難であった.本稿では,単語の相対的な場所情報から計算される関連度によるメタデータ空間を生成する方法を示す.本方式を用いることにより,単語間の関連を求めるメタデータ空間の生成が容易に可能となる,そのメタデータ空間を意味の数学モデルに適用することにより,単語間の関連性に基づく連想検索である,単語間関連連想検索が実現できる.本稿では,本方式を用いて生成したメタデータ空間に意味の数学モデルを適用し,検索結果についても示す.
  • 楽曲メディアデータと画像メディアデータ間における連想検索方式(セッション2C : 感性)(夏のデータベースワークショップ : DBWS2004)
    中西 崇文, 北川 高嗣
    電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学 104(176) 127-132 2004年07月
    0
    本稿では,楽曲メディアデータと静止画像メディアデータ間の異種メディア間連想検索の実現方式について示す.本方式は,メディアデータを対象としたメタデータ自動抽出機構であるMedia-lexicon Transformation Operatorを言葉の相関を計量できる意味の数学モデルのメタデータ空間により連結することで異種メディア間の検索を実現する.本方式により,これまで独立に実装された異種メディアデータを統一的に扱うことが可能になる,これにより,新しい情報生成が可能となり,既存のデータの利用機会を増大させ,データベース群の利用価値を飛躍的に増大させることが可能となると考えられる.
  • 音声メディアデータを対象としたメタデータ自動抽出方式に関する研究(セッション2C : 感性)(夏のデータベースワークショップ : DBWS2004)
    及川 聡子, 中西 崇文, 北川 高嗣
    電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学 104(176) 133-137 2004年07月
    0
    本稿では,音声メディアデータを対象として,メタデータを自動抽出する方式について示す.具体的には,Media-lexicon Transformation Operator MLの実装方式を示す.まず,BanseとSchererの研究を用い,音声を分析して29個の音声パラメータを得る.つぎに,音声パラメータと印象語との相関から,重み付き印象語を求める.得られた重み付き印象語がメタデータであり,人間が音声から受ける印象を示す.
  • 特定分野を対象とした連想検索のためのページベースのメタデータ空間生成方式
    中西崇文, 岸本貞弥, 桜井鉄也, 北川高嗣
    情報処理学会シンポジウム論文集 2003(18) 45-52 2003年11月
    0
  • 任意の印象語による顔の表情の自動合成方式の実現
    中西崇文, 北川高嗣, 清木康
    情報処理学会シンポジウム論文集 2002(19) 307-314 2002年12月
    0
  • 意味の数学モデルによる異種メディア間検索の実現方式
    中西崇文, 北川高嗣, 清木康
    電子情報通信学会技術研究報告 102(209(DE2002 61-84)) 135-140 2002年07月
    0
  • 意味の数学モデルによる異種メディア間検索の実現方式
    中西 崇文, 北川 高嗣, 清木 康
    情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS) 2002(67) 541-548 2002年07月
    0
    本稿では,意味の数学モデルを用いた異種メディア間検索の実現方式を示す.本方式は,メディアデータを対象としたメタデータ自動抽出方式を言葉の相関を計量できる意味の数学モデルのメタデータ空間によりメタで連結することで異種メディア間の検索を実現する.本方式により,これまで独立に実装された異種メディアデータを連結させ,統一的に扱うことが可能になる.また,異種メディアの連結による新しい情報生成が可能となり,既存のデータの利用機会を増大させ データベース群の利用価値を飛躍的に増大させることが可能となると考えられる.本稿では,異種メディア間検索の画像メディアデータから顔の表情の抽出する実現方式を示し,実験により有効性を示す.This paper presents an implementation method of heterogenous media to media search utilizing mathematical model of meaning. This method is realized by measuring correlation of the impression words extracted from automatic metadata extraction method for each mediadata. This method realizes connection of the heterogeneous mediadata mounted independently and can work these different-species mediadata systematically. Thereby, this method increases the use opportunity of the existing data, and it is possible to increase the utility value of a database group by leaps and bounds. In this paper, we show an implementation method of heterogeneous media to media search accordingly the media transformation like picture to facial expression. We clarify the effectiveness of our method by showing experimental results.
  • 意味の数学モデルによる異種メディア間検索の実現方式
    中西 崇文, 北川 高嗣, 清木 康
    情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告 2002(67) 541-548 2002年07月
    0
    本稿では,意味の数学モデルを用いた異種メディア間検索の実現方式を示す.本方式は,メディアデータを対象としたメタデータ自動抽出方式を言葉の相関を計量できる意味の数学モデルのメタデータ空間によりメタで連結することで異種メディア間の検索を実現する.本方式により,これまで独立に実装された異種メディアデータを連結させ,統一的に扱うことが可能になる.また,異種メディアの連結による新しい情報生成が可能となり,既存のデータの利用機会を増大させ,データベース群の利用価値を飛躍的に増大させることが可能となると考えられる.本稿では,異種メディア間検索の画像メディアデータから顔の表情の抽出する実現方式を示し,実験により有効性を示す.
  • 意味の数学モデルによる異種メディア間検索の実現方式
    中西 崇文, 北川 高嗣, 清木 康
    電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学 102(209) 135-140 2002年07月
    0
    本稿では,意味の数学モデルを用いた異種メディア間検索の実現方式を示す。本方式は,メディアデータを対象としたメタデータ自動抽出方式を言葉の相関を計量できる意味の数学モデルのメタデータ空間によりメタで連結することで異種メディア間の検索を実現する.本方式により,これまで独立に実装された異種メディアデータを連結させ,統一的に扱うことが可能になる.また,異種メディアの連結による新しい情報生成が可能となり,既存のデータの利用機会を増大させ,データベース群の利用価値を飛躍的に増大させることが可能となると考えられる.本稿では,異種メディア間検索の画像メディアデータから顔の表情の抽出する実現方式を示し,実験により有効性を示す.

競争的資金

  • 異種メディア情報群を対象としたメディア間連想検索方式


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.