研究者情報データベース

有吉 章

  • 国際大学国際関係学研究科 特任教授
Last Updated :2021/01/15

研究者情報

所属

  • 国際大学国際関係学研究科 特任教授

学位

  • 経済学博士(Doctor of Philosophy)(オックスフォード大学 (University of Oxford))

J-Global ID

研究キーワード

  • Financial Systems and Financial Regulation   国際金融   

研究分野

  • 人文・社会 / 公共経済、労働経済
  • 人文・社会 / 経済政策
  • 人文・社会 / 経済政策

経歴

  • 2010年04月 - 現在  一橋大学国際・公共政策研究部教授
  • 2010年04月 - 現在  一橋大学経済学研究科 応用経済専攻教授
  • 2005年10月  国際通貨基金アジア太平洋地域事務所長
  • 2005年07月  財務省大臣官房審議官(国際局担当)
  • 2004年07月  財務省大臣官房審議官(大臣官房信用機構課,政策金融課担当)兼財務総合研究所次長
  • 2003年07月  財務省副財務官
  • 2002年07月  財務省国際局総務課長
  • 2001年01月  金融庁総務企画局(省庁再編に伴う名称変更)企画課長
  • 2000年07月  金融庁総務企画部企画課長
  • 1999年05月  国際通貨基金金融為替局(兼) 為替市場制度課長
  • 1998年08月  国際通貨基金金融為替局局長補
  • 1996年07月  大蔵省証券局総務課調査室長
  • 1995年07月  大蔵省証券局証券市場課公社債市場室長
  • 1994年07月  大蔵省大臣官房企画官(銀行局銀行課担当)
  • 1993年11月  欧州復興開発銀行調査局シニアエコノミスト
  • 1991年06月  欧州復興開発銀行東欧局シニアエコノミスト
  • 1990年07月  福岡国税局直税部長
  • 1989年07月  大蔵省銀行局検査部管理課課長補佐(総括)
  • 1988年07月  大蔵省銀行局特別金融課課長補佐(中小金融担当)
  • 1987年05月  国際通貨基金為替貿易管理局エコノミスト
  • 1984年07月  国際通貨基金アジア局エコノミスト
  • 1983年07月  大蔵省国際金融局国際機構課課長補佐
  • 1982年07月  福岡国税局大牟田税務署税務署長
  • 1981年07月  大蔵省大臣官房調査企画課財政金融研究室研究官
  • 1976年04月  大蔵省入省
  • 一橋大学 経済学研究科 応用経済専攻教授

学歴

  •         - 1981年10月   オックスフォード大学大学院   経済学研究科
  •         - 1976年03月   東京大学   工学部

所属学協会

  • 国際経済学会   日本金融学会   

研究活動情報

論文

  • Akira Ariyoshi
    Financial System Stability, Regulation, and Financial Inclusion 2015年02月 [招待有り]
  • 量的緩和、対デフレへ賭け
    有吉 章
    日本経済新聞 46326 19  2015年02月 [招待有り]
  • 新興国経済、危機に備えを
    有吉 章
    日本経済新聞 45985 21 - 21 2014年02月 [招待有り]
  • アベノミクスの成功確率 (共著)
    有吉 章; 大久保 琢史
    週刊 金融財政事情 64 35 26 - 30 2013年09月
  • Akira Ariyoshi
    Japanese Journal of Monetary and Financial Economics 1 1 25 - 36 2013年08月
  • 有吉 章
    日本経済新聞 45707 29  2013年05月
  • Lessons Learned, Lessons Not Learned and the Lessons tobe Learned: From the Asian Crisis to the European Crisis
    Akira Ariyoshi
    'Who will Provide the Next Financial Model? Asia's Financial Muscle and Europe's Financial Maturity', Eiji Ogawa and Sahoko Kaji (eds.) Springer, March 2013 2013年03月
  • なぜギリシャを助けなければならない? 国際金融危機とその解決法を探る
    有吉 章
    「教養としての経済学 - 生き抜く力を培うために」、一橋大学経済学部編 2013年02月
  • なぜストレスシナリオの検討が必要なのか-国債危機を例として
    有吉 章
    週刊金融財政事情 63 32 38 - 42 2012年08月
  • 銀行同盟、EUの底力試す
    有吉 章
    日本経済新聞 8月13日 45447 17 - 17 2012年08月
  • 欧州危機打開の処方箋:支援体制強化以外道なし
    有吉 章
    日本経済新聞 45143 25  2011年10月
  • ユーロ改革の行方~財政統合なき通貨統合は存続可能か~
    有吉 章
    金融 771 3 - 10 2011年06月
  • EU内の支援体制、力不足
    有吉 章
    日本経済新聞 44856 33 - 33 2010年12月
  • アジア通貨危機とIMF・日本 コメント
    有吉 章
    国際経済 59 30 - 32 2008年10月
  • "Asia: Shaping the Global Monetary Order"
    Akira Ariyoshi
    The Euromoney Asia-Pacific Capital Markets Handbook 2009 1 - 3 2008年09月
  • 「アジア通貨危機後のIMF改革」
    有吉 章
    『ESP』5月号 40 - 43 2007年05月
  • 「国際金融組織の機能変化-IMFの機能と役割」
    有吉 章
    『ジュリスト』 1301 58 - 61 2005年11月
  • 「国際公共財としての国際通貨制度の変遷」
    有吉 章
    『ファイナンシャルレビュー』 75 99 - 122 2005年02月
  • "International Capital Mobility and Domestic Financial System Stability: A Survey of Issues" (co-authored with V. Sundararajan and I. Otker-Robe) (共著)
    Akira Ariyoshi; V. Sundararajan; I. Otker-Robe
    O.E.G. Johnson ed., Financial Risks, Stability and Globalization, International Monetary Fund 426 - 472 2002年04月
  • "Japanese Capital Flows"
    Akira Ariyoshi
    Finance and Development 25 - 28 1988年09月

書籍

  • 『図説国際金融』
    有吉 章 (担当:編者(編著者)範囲:)財経詳報社 2003年07月
  • Capital Controls: Country Experiences with Their Use and Liberalization (共著)
    Akira Ariyoshi; Karl Habermeie (担当:共著範囲:)International Monetary Fund 2000年05月

講演・口頭発表等

  • 不確実性の高まる世界経済とアベノミクスの行方  [通常講演]
    有吉 章
    ジャパン・リスク・フォーラム 2016年09月 口頭発表(招待・特別)
  • ジャパンリスクとストレスシナリオ  [通常講演]
    有吉 章
    ジャパン・リスク・フォーラム 2015年09月 口頭発表(招待・特別)
  • THe World Economy: Outlook and Issues  [通常講演]
    有吉 章
    AFS-JICA Seminar 2014年09月 口頭発表(招待・特別) コロンボ Academy of FInancial Services and Japan INternational Cooperation Agency
  • Financial Liberalization in the De-globalization Phase  [招待講演]
    有吉 章
    ADBI-OECD ROundtable on Capital Market Reforms in Asia 2014年03月 口頭発表(招待・特別) Tokyo ADBI and OECD
  • Financial System Stability and Competition in the Financial Industry  [招待講演]
    有吉 章
    Financial System Stability, Regulation and Financial Inclusion 2014年01月 口頭発表(招待・特別) 東京 金融庁・アジア開発銀行研究所・国際通貨基金
  • “What Have We Learned from the Crises? – The Debate on Macroeconomic and Financial Policies”  [招待講演]
    有吉 章
    AFS-JICA Seminar Series Inaugral Seminar 2013年08月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 Academy of FInancial Studies, Colombo, Sri Lanka Academy of FInancial Studies and Japan International Cooperation Agency
  • Lessons from Japan's Bubble  [通常講演]
    有吉 章
    JICA-Vietnamese MOF Seminar on Experiece Sharing on Macro-Economic Management 2012年07月 口頭発表(招待・特別) ベトナム ハノイ市
  • ユーロ危機、日本国債とストレスシナリオ  [通常講演]
    有吉 章
    ジャパン・リスク・フォーラム 2012年04月 口頭発表(基調) サンケイホール
  • Session D: Sovereign risk and financial stability  [通常講演]
    有吉 章
    ADBI/PRI Conference: Achieving Financial Stability-Lessons from the Eurozone Crisis for Macroeconomic and Financial Stability 2012年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) アジア開発銀行研究所
  • 国家債務危機と金融システム危機  [通常講演]
    有吉 章
    一橋大学政策フォーラム「国際的に広がる政府債務危機と金融不安」 2012年02月 口頭発表(招待・特別) 如水会館
  • Session 1: The global financial situation and regulatory reforms: Implications for Asia  [通常講演]
    有吉 章
    OECD-ADBI 12th Roundtable on Capital Market Reform in Asia 2012年02月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • Session II Monetary and Fiscal policy  [通常講演]
    有吉 章
    EUSI in Tokyo: Who will provide the next Financial Model? Asia’s Financial Muscle and Europe’s Financial Maturity 2011年12月 口頭発表(一般) 慶應義塾大学
  • ユーロの行方:欧州債務危機とユーロ存続の条件  [通常講演]
    有吉 章
    神戸大学 金融研究会・六甲フォーラム 2011年10月 口頭発表(招待・特別) 神戸大学経済学研究科・経済研究所
  • 「アジアの金融:アジア危機後の展開と国際金融危機後の課題」  [通常講演]
    有吉 章
    一橋大学商学研究科シンポジウム「グローバル金融の新秩序とアジア金融・資本市場発展への期待 -経済成長を支える金融システムの構築と日本の役割-」 2011年02月 口頭発表(招待・特別) 如水会館
  • Session II Monetary and Fiscal policy  [通常講演]
    有吉 章
    EUSI in Tokyo: Who will provide the next Financial Model? Asia’s Financial Muscle and Europe’s Financial Maturity 2010年12月 口頭発表(一般) 一橋大学
  • 欧州の債務問題について:原因と展望  [通常講演]
    有吉 章
    TCERセミナー 2010年07月 口頭発表(招待・特別) 経済同友会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 国際通貨金融制度の安定に関する研究
    研究期間 : 2010年04月 - 現在


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.